タタラ作りとは

陶芸の魅力を知るべく陶芸教室に通い始めた皆さんの中には、ろくろを回すのが陶芸の醍醐味だと考えている人もいるかもしれません。
確かにろくろを回して形成するのも楽しいですが、陶芸にはそれ以外にも焼き物を作る手法が存在するのです。

そこで今回は、焼き物を作る際によく使われる手法の一つ、タタラ作りについて詳しくご紹介します。
タタラ作りとはタタラ板と呼ばれる板を使って薄切りにした粘土を組み合わせて作る形成の方法です。
タタラ板は長さ30センチから50センチほどの直方体の板のことで、2つセットで使われます。
タタラ板を使う前に粘土をよく捏ねておくことが重要です。
粘土の中に気泡が入っていると、焼成したとき不自然に膨らんでしまったり、焼き物全体が歪んでしまったりすることがあるからです。
粘土をよく捏ねたら、今度は形を整えます。
円柱や直方体など、仕上げたい作品によって整えるべき形は変わってくるのでご注意ください。
形を整えた粘土を2本のタタラ板に間に置きます。

ここからがタタラ作りで重要なのですが、まずは手にワイヤーを持ちましょう。
1本のワイヤーの端を右手と左手に持ったら、タタラ板にワイヤーを押し当てます。
このとき、ワイヤーの手前に形の整えた粘土を置くことを忘れないでください。
ワイヤーを押し当てた状態から、今度は自分の身体に方にワイヤーを引き寄せます。

すると、ワイヤーが粘土に食い込み、スライスされていくのです。
気を付けていただきたいのは、手がぶれないように注意しながら真っすぐに引っ張ることです。
粘土がスパッと切れていくときの感覚は、癖になってしまう気持ち良さです。
ワイヤーが粘土を通過し終えたら、薄切りになった粘土を横に置きます。
円筒状の粘土を薄切りにした場合、薄い一枚の円、ピザのような形の粘度が切り取られることになります。
これを手びねりで形成することで、丸型のお皿を作ることが可能なのです。
タタラ作りの利点は、一つの粘土で同じ形の焼き物を複製可能という点にあります。
円筒状に整えた粘土を何度もスライスすれば、同じ大きさの丸皿が複数完成するのです。
ろくろの場合には回転させながら形を整えられるものしか作ることが出来ません。

しかし、タタラ作りはお皿のように平べったい焼き物をいくつも作れる点が魅力といえます。
薄い形状の焼き物を作る際には、先に述べた土練りが重要になって来ます。
土練りが足りないと素焼きの段階でヒビが入ったり、不格好な形になってしまったりするからです。
ろくろとは一味違った楽しさがあるタタラ作りを、陶芸教室でお楽しみください。

粘土にこだわる

陶芸教室に何度か通っていると、陶芸に関する知識を欲してしまうことがあります。
もっと良い焼き物を作りたい、自分のイメージに近い作品にしたいという思いを抱くのは当然です。
技術を磨き、道具にこだわるのも作品に思いを込める手段ですが、もっと根本的なことを突き詰めていくと陶芸の奥深さを体験することが出来ます。
陶芸の根本として忘れてはいけないのが粘土です。

そこで今回は陶芸における年度の重要性について詳しく見ていきましょう。
粘土の材質には様々な基準がありますが、見た目でわかりやすいのが赤土か白土かという点です。
赤土とは粘土の中でも鉄分が多量に含まれている土のことをいいます。
鉄分が血液中にも含まれていることからもわかるように、赤土は焼き上げたときに茶色に近い赤色に仕上がるのです。
一方の白土は鉄分が比較的少なめの土です。

こちらは磁器をはじめとした透明感のある焼き物を作るときに使われます。
自分が目標とする仕上がりに合わせて土の色を変えていくと納得出来る作品になることでしょう。
焼き物は粘土を成形するだけでなく下絵や上絵を装飾することで作品に味を加えることが可能です。
絵付けにこだわりたいという人は粘土の粒のキメが細かいものを素材として使ってみてください。
粒子のキメが細かいほど絵の具が乗りやすく、絵付けをしやすい傾向にあるのです。
反対に、キメが粗い粘土は土のザラザラとした材質をそのまま活かしたいときに重宝します。
装飾という点では釉薬も粘土の質と大きく関係しています。
いわゆるコーティング剤としての役割を担う釉薬ですが、釉薬そのものに着色されている場合には絵の具に近い効果をもたらすのです。
釉薬の色の綺麗に出したい際には、赤土よりも白土の方がおすすめです。
鉄分が釉薬と反応することで、釉薬を塗ったばかりのときとは異なる色に変化することがあります。

これはこれで味わい深い仕上がりなりますが、釉薬の色をそのまま作品に活かしたいときには白土の方がイメージに近い状態で仕上がるのです。
陶芸教室によっては粘土の質を受講者に決めさせてくれるところも存在します。
あらかじめ用意された粘土を使うのではなく、自分で粘土の配合率を変えたいときは陶芸教室に相談してみましょう。
陶芸教室のスタッフは焼き物のプロばかりですから、作品のイメージをあらかじめ伝えたうえでどのような粘土を使ったら良いのかアドバイスを受けるのもおすすめです。
焼き物作りを繰り返していきながら、自分に合う土を探すのも陶芸の楽しみの一つといえます。
陶芸教室で陶芸を楽しみたいと考えている方は、ぜひ粘土の質にもこだわってみてください。

陶芸教室が主催するイベント

娯楽の多様化が叫ばれる昨今、陶芸教室では様々な工夫を凝らして受講生の獲得に努めています。
陶芸そのものの楽しさをわかってもらうには、きっかけが不可欠です。
陶芸教室が主催するイベントはそのきっかけに最適といえるのです。

そこで今回は、陶芸教室が主催する様々なイベントについて詳しくご紹介します。
陶芸教室主催のイベントとしてよく知られているのが陶芸に関するワークショップです。
繁華街のビルディングをはじめとした人がたくさん集まる場所で開催されるワークショップは、陶芸に触れる機会が少ない人でも気軽にご参加いただけるイベントです。
初心者の人でも簡単に作ることが出来る焼き物に挑戦することになりますから、陶芸初心者の方も大歓迎なのです。
陶芸と異なる業種をコラボレーションさせたイベントも見逃せません。
盆栽の講師を招いて実施する盆栽教室は良い例といえるでしょう。
盆栽と陶芸は一見結びつきませんが、陶器はその温かみあふれる見た目のおかげで盆栽用の鉢に最適なのです。
陶芸教室で作った焼き物に、盆栽を植え付けるという行為は普段味わえない奥深い体験です。
焼き物は自然の材料を使って生まれた器ですから、盆栽を入れたときによく映えます。
陶芸だけでなく盆栽の楽しさも堪能出来るお得なイベントですから、開催されているのを見かけたらぜひ参加してみましょう。
焼き物は食事のお供として長年愛されてきた器です。

陶芸教室ではそばやうどんの職人を招いた手打ち体験をした後、焼き物に盛り付けて実食するというイベントを開催することがあります。
お腹だけでなく食物が乗った焼き物をじっくり観察するのもこうしたイベントの目的となっています。
陶芸教室に通っている中で、陶器や磁器に深い興味を抱いたという人は陶芸教室が主催する作品展示会に参加してみましょう。
展示会では受講生の作品はもちろんのこと、講師として所属するスタッフの作品も飾られることになります。
プロの腕前に圧倒されるのも良いですし、様々な作品を見比べながら自分が焼き物を作る際のアイデアを蓄積するというのも楽しみ方の一つです。
展示会に関する広告はインターネットだけでなく、地域の情報誌やローカル番組など様々な場面で発信されているのでアンテナを張っておきましょう。
陶芸教室は焼き物を作るだけの場所ではないということをお分かりいただけたと思います。
陶芸を通じて人生を彩り、人生がより豊かになる手伝いをしてくれるのです。
お近くの陶芸教室ではどのようなイベントが開催されているのかぜひ調べてみてください。

子供の陶芸体験

将来を見据えてお子さんにクリエイティブな思考を身に着けて欲しいと考えている親御さんはいませんか?
いわれた仕事をテキパキとこなすだけでなく、自ら何かを作り上げる人間は職場でも重宝されます。
小さい頃の教育が将来の思考を左右することも少なくありません。

そこで今回は、お子さんを陶芸教室に通わせるメリットや陶芸教室がお子さんのために実施しているサービスについて詳しく見ていきましょう。
陶芸は手と指を使って土を捏ねることで、焼き物の形を形成します。
指を動かすということは、脳の神経を活性化させて、脳が持つ機能を向上させることにも繋がるのです。
記憶力や集中力の向上も期待出来るため、陶芸を単なる何度遊びと侮ってはいけません。
一般的な習い事とは異なり、お子さんの自由な発想を邪魔することなく行われるのも陶芸教室の特徴です。
スタッフがあれこれと指導するのではなく、わからないところや困っているときだけ助けるため、子供の意思が尊重されます。

何よりも厳しい訓練や練習を必要としませんから、楽しみながら継続可能なのです。
そんな陶芸教室にお子さんを通わせたいと考えている方には、お子さん向けのプランを導入している陶芸教室がおすすめです。
対象年齢は陶芸教室によって異なりますが、小学生に上がる前の年齢から陶芸を体験させてくれる教室も存在します。
手びねりやろくろといった陶芸の醍醐味を中心に、絵付けなどもやらせてくれるコースもあります。

また、お子さんだけでなく親御さんも一緒に陶芸に参加出来る親子の陶芸コースも魅力的です。
親子の共通の話題になりますし、焼き物という目に見える形で思い出が残るのも嬉しいですよね。
小学生以上のお子さんをお持ちの方は、夏休みの磁器限定の自由研究用の陶芸教室をご利用いただくのも良いでしょう。
こちらは研究という名を冠していますから、焼き物を作るだけでなく粘土が固まる仕組みや陶芸が完成するプロセスに関して勉強することが出来るのです。
陶芸に関する資料や写真を配布してくれるので、自由研究のテーマに困っているお子さんの強い味方となってくれること間違いなしといえます。

夏休みということもありますから、お友達のグループで予約して一緒に参加すると良い思い出になります。
陶芸は大人のための趣味という認識を抱いていた方も、ここまでお話居た知識によって認識が変わったことでしょう。
お子さんの創造的な心を育み、自由研究の手助けもしてくれるのが陶芸教室なのです。
陶芸に興味を持っている方は、ぜひお子さんを連れ立って陶芸教室を訪ねてみましょう。

習い事を始めるならこちらの東京都内の陶芸教室がおすすめです。

焼き物の楽しみ方

皆さんは普段使っている食器をじっくりと眺めてことはありますか?
日本では昔から陶磁器を食器として用いる習慣があります。
いわゆる焼き物とも呼ばれている陶磁器は、人の手による作成が基本です。
それぞれに味わい深い仕上がりになっており、見た目だけでなく手で触ったときの感触も器ごとに異なります。

そこで今回は焼き物を楽しむための秘訣や見るべきポイントをご紹介します。
焼き物の中でも手の中に収めたときに温かみが感じられるのが陶器の特徴です。
全体として厚みがあり、土のしっとりとした感触が見た目からも伝わってきます。
土の配合によって色が変わるほか、釉薬の成分や絵付けの仕方でも仕上がりに差が生まれます。
土の色をじっくりと観察したい人は、茶碗テーブルに置いたときに触れる脚のような部分、通称高台をご覧ください。

ここには釉薬を塗らないことも多いため、土の色がそのまま反映されているのです。
一方で磁器と呼ばれる焼き物は陶器よりも細く繊細なイメージを与えることが多い傾向にあります。
これは原料である土にガラス成分が多く含まれており、艶のある仕上がりになることも一因といえるでしょう。

さらには、陶器に比べて熱伝導率が高く、料理や飲み物の熱さがそのまま器に伝わるのです。
磁器で作られた徳利で熱燗を飲む際には、熱燗そのものの温度が磁器を通して唇に伝わります。
陶器の場合は器そのものが熱くならない一方で、保温性に優れているという特徴を持っているのです。
言葉でそれぞれの性質の覚えるよりも、実際に手で触れた方がずっとわかりやすいのが実情です。
皆さんのお家に陶器と磁器がある場合は、じっくりと観察しながら手で触れてみてください。
温もりのある陶器とひんやりとした感触の磁器に違いを感じ、焼き物の面白さを実感した暁には、陶芸教室で自分だけの焼き物を作ってみることをおすすめします。
陶芸教室では自分だけの器を作るだけではなく、陶芸教室に在籍するスタッフが作成した作品を購入することも可能なのです。

材料や作る手法はもちろん、作った人物によっても姿を変えるのが焼き物の面白い点です。
陶芸教室で多くの人と交流を図り、作品を比べ合うのも焼き物に関する見聞を深める一助となることでしょう。
陶芸教室では体験コースを実施していますから、高い月謝などに頭を悩ませることなく、気軽にご参加いただけます。
実際に焼き物を作る工程を目に焼き付けると、自分が所有している陶器や磁器がより愛おしく思えるのです。
焼き物に関する理解を深め、深く楽しむための方法として陶芸教室をご利用ください。

貸切陶芸教室とは

陶芸教室は定期的に通い続けることで自分のスキルを向上させることが出来る習い事です。

しかし、陶芸の楽しさは技術の向上にのみあるわけではないのです。
自分の手で土を捏ねて焼き物を作り上げる過程に楽しみを見出す人も数多く存在します。
今回は、レクリエーションとして陶芸を楽しみたいという人におすすめの貸切陶芸教室について詳しくご紹介します。
貸切陶芸教室とはその名の通り陶芸教室を貸切利用することが出来るサービスのことです。
陶芸教室を貸切にするメリットとしては、次のような点が考えられます。
貸切利用にすることで、自分たちの仲間内だけで陶芸教室でのひと時を過ごせるという点です。
仲の良い友人や家族と思い出を作りたい、他の参加者の声に惑わされることなく楽しく過ごしたいという人には最適なプランといえます。
貸切利用を推奨している陶芸教室の特徴としては、豊かな自然の中に建つ工房のような雰囲気の教室が多いという点も見逃せません。
自然が多い空間は心身ともにリラックス出来ますし、ストレス発散にも繋がること間違いなしです。
綺麗な空気の中で一心に土と戯れる。
リラクゼーション効果はもちろんのこと、作品を作り上げたことによる達成感を得られるのも貸切陶芸教室の魅力といえます。
貸切とは言っても、道具や材料だけを残して陶芸教室のスタッフが消えてしまうわけではありません。
参加者が希望すれば、焼き物を作るためのコツについてレクチャーしてくれますし、丁寧な指導で質の高い作品にする手助けをしてくれるのです。

さらには、陶芸教室スタッフによる手厚いアフターサービスも貸切陶芸教室が人気を集める理由です。
完成した焼き物を配送してくれるのはもちろんのこと、釉掛けや削りといった素人には難しい作業を代行して皆さんの作品を完成に近づけてくれます。

もちろん、全ての作業を自分たちの手で行いたいという人には、その希望を叶えてくれるのでぜひ相談してみましょう。
貸切陶芸教室を利用するうえで注意したいのが料金体系です。
陶芸教室の場合は、教室に参加する料金だけでなく材料費なども支払うことになります。
材料費に関しては作品1つごとに加算されていくのが一般的な方式です。
大きな焼き物になるほど値段は高くなるので、貸切陶芸教室を利用する前にどのような作品を作るか参加者の中で相談しておくことをおすすめします。

また、陶芸教室のキャパシティを事前に確認するのも重要です。
教室のサイズによっては20人以上を収容可能なところもありますが、5人から10人程度でないと教室に入りきらない陶芸教室も存在するからです。
貸切陶芸教室で楽しいときを過ごすためにも、事前の予約や確認をしっかり行うようにしましょう。

焼き物における削りとは

陶芸教室に通ってみると、ろくろや土練り、手びねりでの成形体験だけでなく、絵付けなどの様々な事柄を経験出来ることに驚く人も多いことでしょう。
焼き物は単に粘土を捏ねて焼いているだけではありません。
愛情を込めて捏ねた土に命を吹き込むにはいくつもの工程を経なくてはいけないのです。
今回は、そんな陶芸における工程の中でも削りと呼ばれる作業についてご紹介します。
自分が使っているお茶碗を頭の中に思い描いてください。
ご飯を盛り付けた茶碗をテーブルに置いたとき、テーブルの面と振れている脚のような部分がありますよね。
これは茶碗における高台と呼ばれる部分です。
高台があることで茶碗などの焼き物は安定し、倒れることなく料理を盛り付けることが出来ます。
焼き物を形成する際にろくろを用いた場合、茶碗の底の部分が上に来るような形で完成します。
この段階では土を筒状にしただけですから、高台は存在しません。
削りとは高台に当たる部分をカンナと呼ばれる道具で作り上げることをいうのです。

ろくろを回し終えたときと形が同じでも、高台のバランスや質によって焼き物全体の印象が大きく変化します。
焼き物のフォルムを決めるうえで削りは非常に重要な要素といえるのです。
削りはろくろを終えた作品を乾燥させることから始まります。
形が変わらない程度まで乾かした焼き物とろくろを余った粘土で固定してから、カンナを手に取るのです。
ろくろが終わったばかりの焼き物は、底の部分がやや膨らんだ形になる傾向にあります。
まずはカンナを底部全体に走らせて、完全な平面に整えるのです。
この作業を終えたら、ようやく高台の削りに移ります。
底面の3分の1を残すぐらいの円を描き、その外側の削り取っていくのです。
削るときの注意点は、削った麺に丸みを持たせることです。
外側の湾曲部分が仕上がったら、次は内側にカンナを当てます。
底部に綺麗な窪みが出来るように削るのがポイントですが、初心者の人にはなかなか難しいかもしれません。
難しいからこそ焼き物の質を左右する決め手になりますし、削りを面白いと感じる人も多いのです。
削りの作業に慣れてくると、高台の部分に細かい文様を入れるといった遊び心を取り入れることが出来るようになります。
削りのテクニックが向上するほどに、自分の作品にオリジナリティを加えることが可能になるというわけです。
さらには、削りを茶碗の外側に施すことで、作品が奥深いものに変化します。
陶芸における楽しみのさらに一歩深い部分を味わいたいという人は、ぜひ削りにこだわって陶芸教室に通ってみてください。