タタラ作りとは

陶芸の魅力を知るべく陶芸教室に通い始めた皆さんの中には、ろくろを回すのが陶芸の醍醐味だと考えている人もいるかもしれません。
確かにろくろを回して形成するのも楽しいですが、陶芸にはそれ以外にも焼き物を作る手法が存在するのです。

そこで今回は、焼き物を作る際によく使われる手法の一つ、タタラ作りについて詳しくご紹介します。
タタラ作りとはタタラ板と呼ばれる板を使って薄切りにした粘土を組み合わせて作る形成の方法です。
タタラ板は長さ30センチから50センチほどの直方体の板のことで、2つセットで使われます。
タタラ板を使う前に粘土をよく捏ねておくことが重要です。
粘土の中に気泡が入っていると、焼成したとき不自然に膨らんでしまったり、焼き物全体が歪んでしまったりすることがあるからです。
粘土をよく捏ねたら、今度は形を整えます。
円柱や直方体など、仕上げたい作品によって整えるべき形は変わってくるのでご注意ください。
形を整えた粘土を2本のタタラ板に間に置きます。

ここからがタタラ作りで重要なのですが、まずは手にワイヤーを持ちましょう。
1本のワイヤーの端を右手と左手に持ったら、タタラ板にワイヤーを押し当てます。
このとき、ワイヤーの手前に形の整えた粘土を置くことを忘れないでください。
ワイヤーを押し当てた状態から、今度は自分の身体に方にワイヤーを引き寄せます。

すると、ワイヤーが粘土に食い込み、スライスされていくのです。
気を付けていただきたいのは、手がぶれないように注意しながら真っすぐに引っ張ることです。
粘土がスパッと切れていくときの感覚は、癖になってしまう気持ち良さです。
ワイヤーが粘土を通過し終えたら、薄切りになった粘土を横に置きます。
円筒状の粘土を薄切りにした場合、薄い一枚の円、ピザのような形の粘度が切り取られることになります。
これを手びねりで形成することで、丸型のお皿を作ることが可能なのです。
タタラ作りの利点は、一つの粘土で同じ形の焼き物を複製可能という点にあります。
円筒状に整えた粘土を何度もスライスすれば、同じ大きさの丸皿が複数完成するのです。
ろくろの場合には回転させながら形を整えられるものしか作ることが出来ません。

しかし、タタラ作りはお皿のように平べったい焼き物をいくつも作れる点が魅力といえます。
薄い形状の焼き物を作る際には、先に述べた土練りが重要になって来ます。
土練りが足りないと素焼きの段階でヒビが入ったり、不格好な形になってしまったりするからです。
ろくろとは一味違った楽しさがあるタタラ作りを、陶芸教室でお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です